CHECK

聞いたことはあるけどよく分からないエコキュート!基礎知識を分かりやすく解説!

こちらのサイトは、名前は聞いたことがあるけれども実際に使ったことがないので良く分からない、これからオール電化住宅の家づくりをしたいけれどもエコキュートのことを知りたい人など、基礎知識を分かりやすく解説しています。
主なメリットには、火を使わない電気温水器などからも空気が汚れないことや火災のリスクが少ないなどがありますが、デメリットについても触れているのでどのような弱点があるのか把握しておけるのではないでしょうか。

聞いたことはあるけどよく分からないエコキュート!基礎知識を分かりやすく解説!

エコキュートとは何か、名前は聞いたことあるけれどもこれを家族などに説明しなければならないとき上手く説明ができない人も多いといえます。
エコキュートの基礎知識を得ておけば、これからオール電化住宅の家づくりを始めるときにも役立てることができますし、注文住宅で最初からエコキュートを導入しておけばガス工事などをせずに済むメリットもあるのではないでしょうか。
ガスを使わないので基本料金が掛からないメリットや火を使わないので火災のリスクが減る、空気が汚れないなどの魅力があります。

エコキュートとは電気を使ってお湯を沸かす給湯器

湯沸かし器というと、ガスを使っている人が多いかもしれませんが最近人気のエコキュートを選択する人も増加傾向です。
電気を使ってお湯を沸かす給湯器は、深夜早朝の電気料金が安い時間にお湯を沸かすので効率が良いですし電気料金も安くなります。
エコキュートにすることで、太陽光発電やIHクッキングヒーターと組み合わせてお得でクリーンな生活をすることが可能です。
オール電化住宅にすると、経済的なメリットが大きいですしそこに太陽光発電を組み合わせるメリットは大きくなります。
エコキュートは、多くの住宅設備会社や家電量販店などで扱いがありガス給湯器からの切り替えも難しくありません。
ガスを使わないので空気も綺麗な状態が保てますし、キッチンをIHクッキングヒーターにすることで掃除も簡単になります。
環境にも優しく、経済性も良くなるので近年新築住宅に多用されているだけでなくリフォームや経年劣化での交換に選ばれているシステムです。

エコキュートと電気温水器との違い

電気温水器とエコキュートの大きな違いは、熱を作り出す仕組みにあります。
電気温水器の場合は、内部にヒーターが設置してあるのですが、このヒーターに電流を流すことで高温度に達してその熱を使い配管内に通る水を高温度に過熱するして内部にあるタンクに温水をためて使う形になります。
一方、エコキュートはヒートポンプユニットと貯湯タンクがセットになっているのが特徴ですが、ヒートポンプユニットは外気を集めて電気の力で熱を作り出すシステム、ユニット内で作り出した熱で水を沸かしてからそれを貯湯タンクにためる仕組みです。
外気とは空気を指すのですが、空気には熱源となるものがあるのでそれをユニット内で取り出して熱源にするなどの特徴があります。
主に電気料金が安い時間帯に稼働させてタンクに温水をためる形になるので電気代の節約効果への期待も高まりますし、しかも熱源が空気などからも電気で稼働させる温水器と比べても電気代が安く済みます。

エコキュートは災害時でも水を使用できる

エコキュートを使うことで、節約ができるだけでなく災害時に水を使う事が出来ることは実はあまり広く知られていません。
災害時には、水やお湯が出なくなることが珍しくありませんがエコキュートの場合にはタンクに多くのお湯をためておく仕組みですのでそれを緊急時に使う事が出来るようになっています。
エコキュートを選ぶ理由として、近年増えている地震や台風などへの備えを上げる人も増加傾向です。
水が出なくなるような台風や地震が最近増えてきていますので、この機会に給湯機を取り換えることを検討している方はエコキュートへの変更をお勧めします。
初期費用は掛かりますが、月々の光熱費を安くすることができますしオール電化にするとガス代の必要もなくなります。
クリーンな空気で生活することができますし、万が一お水やお湯が出なくなったときにもタンクのお湯を使う事が出来るため何かと安心です。
ガス給湯器からの交換もできますので、おすすめの方法です。

エコキュートには補助金が使えることもある

再生可能エネルギーを活用して水をあたためることができる給湯器「エコキュート」は、住んでいる自治体によっては設置の際に補助金制度を活用できる場合があります。
省エネ効果がある設備を住宅に設置する場合にかかる費用の補助を行う制度が自治体にある場合、エコキュートが対象の設備に含まれていれば、申請により補助を受けることができます。
利用できるかどうかは、公式Webサイトで確認することができる場合があり、掲載されていなくても直接尋ねれば教えてくれるので、気になっているのであれば問い合わせてみましょう。
補助金制度を利用する際に気をつけるべき点は、補助される金額に上限が定められていること、申請する場合であってもいったんは発生する費用を支払わなければならないこと、自治体の審査を通らなければお金が給付されないことです。
上限については、費用全体に占める割合として設定している自治体と、具体的な金額を指定している自治体で分かれており、選択制にはなっていないので注意しましょう。

エコキュートに関する情報サイト
エコキュートって何?

こちらのサイトは、名前は聞いたことがあるけれども実際に使ったことがないので良く分からない、これからオール電化住宅の家づくりをしたいけれどもエコキュートのことを知りたい人など、基礎知識を分かりやすく解説しています。
主なメリットには、火を使わない電気温水器などからも空気が汚れないことや火災のリスクが少ないなどがありますが、デメリットについても触れているのでどのような弱点があるのか把握しておけるのではないでしょうか。

Search